OUR STORY


100年の伝統は、常に革新とともに

日本古来の伝統技術である絞りを現代の暮らしの中に提案する。 次の世代へ、またグローバルに良き物を発信し、繋げていきます。



Discovery:伝統技術との出会い
糸偏に交わると書いて「絞り」。交えた糸の下は「染まらない」。 絞り染めは、生地にきつく糸を巻きつけて防染する、極めて単純な古来より営まれてきた染色技法です。 その絞り染めを生業とした片山文三郎商店は、1915年(大正4年)、京都烏丸で「京鹿の子絞り」専門の呉服製造業として創業しました。 以来、百年を過ごす片山文三郎商店の歴史は、常に革新とともにあります。初代・文三郎が得意としたシンプルシックなスタイルは、当時からすれば時代を先取りした美的感覚が貫かれていました。 やがて二代目・片山文雄の時代になると、ライフスタイルの変化に合わせて、伝統と新しさの融合をめざし、インテリアやファッションなど呉服以外の分野でも絞り染めの魅力を発信しはじめます。

Wearable Art:ファッションに取り入れ、着られるアートに
そして1992年、三代目・片山一雄が継承してからは、江戸時代以来途絶えていた「本座鹿の子絞り」の技法を復刻するなど、伝統の担い手としての使命も守りつつ、現代ファッションとアートが融合したものづくりをさらに加速させています。 元来は伸ばして柄を楽しむものであった絞り染めを伸ばさないでユニークなフォルムとして見せる、生地の裏面をあえて表に用いた洋服など、捉われない彼の感性が見据えるものも、今よりほんの少しだけ先にある美しさです。 糸をほどいた瞬間の大きく突き出した絞りのフォルムを生かし、スカーフやファッションを製作。 身に纏えばその人自体がアートな存在になれる「Wearable Art」として提案しています。 そこには、驚きと喜びが共存します。

Connection:絞り=着物を超えて、未だ絞りを知らない世代、海外への架け橋
日本古来の伝統技術である絞りを現代の暮らしの中に提案する。次の世代へ、またグローバルに良き物を発信しながら、繋げていくこともまた大切な仕事であると考え、海外展開にも積極的に取り組んでいます。



片山文三郎商店は、京都の地で大正時代から続く絞り屋で1915年(大正4年)、片山文三郎が京都独自の「京鹿の子絞り」を専門に、高級絞り呉服製造業を創業しました。
明治生まれの職人気質で絞呉服の製作、技術開発の向上に努めたことがはじまりです。



着物は、華美でなく抑えた美しさこそが着る人を引き立てることを知っていた文三郎の生み出す絞り呉服は、柄が少なく、当時としては極めてシンプルでシック、時代を少しだけ先取りしていたのでしょう「絞りの片山文三郎商店」として、次第に発展しました。

「勝って兜の緒を締めよ」とは、片山文三郎がよく口にした言葉でした。
従業員端々に至るまで、誠実で、決して奢ることのない日々の精進と努力が片山文三郎商店の理念として現在まで脈々と受け継がれています。



日本において古くから伝わり、そして京都の地に守られ、決して衰えることなく後世に伝承される職人の手わざを用い、千余年の歴史に培われた京鹿の子絞り。



21世紀の今、「着物」や「手作業の絞り染」など、過去の民族文化として忘れ去られていきそうになる中で、いよいよ「絞り屋 片山文三郎商店」にしかできないものを創造して行かなくてはなりません。

片山一雄 現社長の座右の銘は「伝統は革新の中にあり」です。
伝統を絞り呉服という形で守り続ける一方で、絞り染めが持つ無限の可能性を現代に伝えたいという強い思いから現代生活に沿う製品を生み出してまいりました。
絞りの凹凸をそのまま生かしたユニークで大胆なフォルムの絞り染め製品は、まさに「ファッションとアートの融合」、「纏う芸術」=Wearable Artです。
整然と続く絞りの凹凸の配列。永遠のような繰り返しが生み出す日本的な様式美は多くの共感を頂いています。



お客様に絞り染めの美しさをより身近に感じて頂きたいという想いは強く、着ることの出来るアート、また身に着けた人がアートとなるような Wearable Art(ウェアラブルアート)をテーマに製品開発をすすめています。

片山文三郎が意匠を創意した京都の地で、絞り染めを活かして、皆様の明日を提案し続けて参ります。



カテゴリーから探す

オフィシャルリンク

コンテンツ