布を括って模様を表す


絞りは原則として、布を染液に浸して染める、「浸染」によって彩色される技法です。ゆえのその模様は、染めずに白く残すことで表現されるのです。いかに染めない部分に染液をしみ込ませず美しく仕上げるかが重要でした。 その方法として、絞りは布を糸で括って防染するといわれますが、実際の技法上、もちろん布を糸で括って縛り付けるだけでは、とうてい高度な表現などできません。そこで、精巧かつ熟練の手わざが編み出され、現在に受け継がれてきたのです。 絞りには、色を挿したりなぞっただけでは表せない、布の内を貫き通った色彩の深みと奥行き、そして圧倒的な迫力が感じられます。

(詳細公開準備中)

 

カテゴリーから探す

オフィシャルリンク

コンテンツ